2010年2月19日金曜日

文学のジャンル

文学のジャンルって、調べてみると、いろいろあるんですね~


散文

物語 - 古物語 - 作り物語 - 歌物語 - 擬古物語 - 軍記物語

説話

小説 - 私小説 - 戯作

戯曲 - 能 - 歌舞伎 - 文楽人形浄瑠璃

随筆

日記

紀行

伝記・自伝 - 往生伝

文芸評論

日本漢文

韻文

詩 - 自由詩 - 定型詩 - 散文詩

和歌 - 短歌 - 長歌 - 旋頭歌 - 仏足石歌

連歌 - 俳諧連歌 - 狂歌 - 俳諧連句

俳句 - 定型 - 自由律

川柳 - 狂句

短歌(近代短歌

歌謡 - 記紀歌謡 - 今様 - 小唄

漢詩

2010年2月14日日曜日

だれにも言えない不思議な話

昨日おととい、起きてすぐデジタル時計をぱっと見たら、4:44
昨日、起きてすぐデジタル時計をすぐに見たら、5:55
それから、YouTubeに投稿したVTRの時間 3分33秒

ともかく、そろうんですよ。(以前から、ずぅっと続いていたんですが・・・)
友達にいったら、スロットでもやればって・・・
でも、まったく興味ありません。

それから、特別なボールペンが一ヶ月前、壊れてしまったんですよ。ああ~、もうだめだなって
思ってたら、思いがけず、ある人から、ただで同じ物をもらっちゃったんです。びっくり。

デットゾーンのDVDシーズン6を借りに行ったら、なかった。で・・・がっくりして、車で道を間違えちゃった。
そこで、その通りにある同じ系列のDVD屋さんにいったら、見たかったものが2巻とも借りられた。

それで、僕も、欲はあるので、こんなに叶うんだったら、自分のこれからの人生をデザインしちゃえって・・・

おもしろいので、叶ってほしいことを物語「100夢ものがたり」に書き、それを自分で読んで録音してみたんです。
(ひとつひとつの夢は、ものすごいスケールの大きい内容にしました。他人が聞いたら、荒唐無稽で笑っちゃいそうな内容です。ただし、自分に関係することですが・・・)
ときどき、犬の散歩の時に、その物語をipodで聞いて、イメージしているんです。

これが、わたしの秘密・・・結果は・・・?

最後に、いつぞや、テレビでやっていた手相で「神秘十字線」たしか、先祖や守護霊に守られるっていってたやつ

わたしの場合、両手に、しっかりと刻まれているんですよ。しかも、どちらも、自分でもいうのもなんなんですが
すごく大きいんですよ。びっくりするくらい・・・今度、手相の型、アップしてみようかな~

2010年2月12日金曜日

火葬場にて

この間、妻の叔母さんが93歳で亡くなり、葬儀に列席しました。火葬場で待つこと1時間20分後には、わずかの骨だけになっていました。集まった方々は、終始無言でふたりずつで箸を使い、骨壺に骨を入れていました。なんとも、物質中心の方には耐えられない瞬間でした。だれもが、「いつかは自分もこうなるのか・・・」という想いにとらわれていたことと思いました。わたしも、そのひとりでした。その後、この機会を境にして、残された人生をどう生きるべきかを問い続けていました。たしか・・・こういうのを仏教では、白骨観とかいうんだと思い出しました。所詮、体は神様からの借り物にすぎないんだな~という気持ちになりました。借り物だからこそ、大事にしかも感謝して使わせていただかなくてはならないという考えに至りました。それと、今、与えられている人生を楽しんでみようかな~という想いも同時にわいてきました。

2010年2月5日金曜日

寒いですね~



冬は寒いので、たいへんです。わたしの家では、ミニチュアダックスを飼っているので、夕方の散歩が欠かせません。
はやく春にならないかな~

書道 奥の細道 37【 金沢 2】2008 松尾芭蕉 俳句 教秀

秋涼し 手ごとにむけや 瓜茄子 Akisuzushi tegotoni mukeya uri nasubi あきすずし てごとにむけや うりなすび   【教秀の意訳】 初秋の涼しさ、あの暑かった日々を思い返すと、なんともいえずよい季節に入りましたな~。みなさん、ここ玄松庵(げ...