2010年10月29日金曜日






国宝【 風信帖 】

弘法大師 (空海)

臨書 教秀 書道

ふうしんうんしょ

てんより、しょうりんす

Fuushin Unshho, Tenyori,

shhourinsu.

【教秀意訳】

あなたさま(最澄さま)の

書いた手紙(風のたより)が

雲に乗り、空から

私のところへ

舞い降りて来ました。

【Translation】
The letter which you

(Saicho) wrote believed

wind and stepped

on the cloud and

swooped down to me

from the sky.

臨書したあと、原本を

よく見ると、空海さまの

偉大さを改めて、

思い知らさせました。

臨書できてとても

しあわせです。

空海さま

ありがとうございます。

書道 奥の細道 37【 金沢 2】2008 松尾芭蕉 俳句 教秀

秋涼し 手ごとにむけや 瓜茄子 Akisuzushi tegotoni mukeya uri nasubi あきすずし てごとにむけや うりなすび   【教秀の意訳】 初秋の涼しさ、あの暑かった日々を思い返すと、なんともいえずよい季節に入りましたな~。みなさん、ここ玄松庵(げ...