2017年9月5日火曜日

書道 奥の細道 37【 金沢 2】2008 松尾芭蕉 俳句 教秀



秋涼し 手ごとにむけや 瓜茄子

Akisuzushi tegotoni mukeya uri nasubi
あきすずし てごとにむけや うりなすび
 
【教秀の意訳】
初秋の涼しさ、あの暑かった日々を思い返すと、なんともいえずよい季節に入りましたな~。みなさん、ここ玄松庵(げんしょうあん)のご主人の心づかいに感謝しまして、さあ、前に置かれたうりやなすびをむいてごちそうになろうじゃありませんか。
 
The meaning of this haiku
Early fall began and cooled down. It was the season that it was easy to spend very much when I compared it in those hot days. By the way, I peel a gourd and the eggplant which were put on the table, everybody, and let's eat. I thank the master of this house.

2017年 11月 俳句